美容外科 | 女性の美貌のひとつである乳房を失ってしまった時の治療法

女性の美貌のひとつである乳房を失ってしまった時の治療法

手をのばす女性

美容外科

女性にとっての魅力

女性は美容について色々と考えていて、とても敏感になります。
美しくなるために美容外科に行っての治療を行なうという女性も少なくありません。
乳がんの手術で乳房を失ってしまったという女性は、とても乳房についてコンプレックスを抱えています。
しかし、美容外科などで乳房再建手術という手術を受けることができます。
美容外科は女性専用の病院になっていることもあります。
そのため、男性の目を気にすることなく、カウンセリングから通院まですることが出来るのです。
女性にとっては、強くコンプレックスを持っているという人も少なくありません。
そういった男性の目を気にするという時には、美容外科を利用して治療を進めていきましょう。
美容外科ではきちんとした医師の資格を持っている医師が治療を担当しますので、安心して手術を受けることができます。

乳房再建手術での治療内容では、乳がんの手術内容の種類によって変更することがあります。
乳房温存手術を受けた女性の場合では、放射線治療から約1年が経過してから治療を受けるようにしましょう。
乳房温存手術を受けた場合には、状態にもよりますが皮膚を移植する必要が少なくなります。
そのため、乳房を大きくするための手術をそのまま受けることができます。
しかし、乳房の全摘出手術を行った場合には、皮膚の移植の乳房再建を行なうことが必要になります。
そして、あまり大きくした乳房再建治療を受けることが出来ないといったことが少なくなります。